旅先散歩

京都のおしゃれな本屋で惹かれる詩集と出会う。

何十分も立ち止まり、何度も読み返す。

この人の言葉好きだ、と思った。

前日にふと浮かんだ言葉とおんなじことが書かれていて、わお、となったり。

妙な縁を感じた。

またひとり、私の心に響く言葉で表現する人を見つけた。

豊原エス。京都在住の詩人。

《 色の足し算、言葉の引き算 》

この、たった1行の詩。

私の中で光り、広がったことがいくつも。

そして勢いづいた私は、このブログを立ち上げてしまう。

どうするつもりか(笑)